×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

緑内障の予防法

内服薬と点滴薬【副作用にご用心】

 

 

■薬物療法■

 

点眼薬は、眼圧を下げるために点眼する薬剤のこと。黒目の表面の角膜や、白目の表面の結膜を通して、目のなかにいれて効果を出します。

 

薬物治療には点眼のほか、内服薬、点滴薬があります。

 

 

■内服薬■

 

眼圧(がんあつ)を下げるために、房水(ぼうすい)をつくらないようにする炭酸脱水酵素阻害薬(たんさんだっすいそこうそそがいやく)を使います。血のめぐりをよくする場合は、カルシウムチャンネル拮抗剤を使います。

 

効果は、点眼薬より内服薬のほうがあります。点眼薬の利点は、あまり副作用が出ないので長期使用が可能なことです。

 

内服薬にも、副作用があります。

 

炭酸脱水酵素阻害薬は、手足のしびれ、吐き気、食欲不振、おしっこの回数が増える頻尿、おしっこの経路に石ができる尿路結石、発疹などの副作用があります。

 

カルシウムチャンネル拮抗薬は、顔が赤くなる、血圧が低いとふらつくなどの副作用があります。

 

副作用のため、内服薬の服用期間や量には制限があります。ある程度服用しても効果が見られない場合、治療を手術に切り替えます。

 

 

■点滴薬■

 

眼圧を下げるため、高浸透圧剤で目から水分を奪います。

 

副作用は、軽い頭痛。血行がよくなるため、心臓に負担がかかる。おしっこの回数が増えるなど。

 

>>>レーザー虹彩切開術について

 


眼圧が下がらない。視野狭窄の進行が止まらない。失明はしたくない。予備軍だと医者から言われた、最近視界が暗くなった気がする、そんなあなたのお悩みを解決する改善率90%以上の改善エクササイズ