×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

緑内障の予防法

眼圧とは

 

 

物が見える・・・。この現象を文字にしてみましょう。

 

まず、あなたがまぶたを開きます。すると、その情報は角膜をとおって、水晶体で屈折して、硝子体を通り、網膜にあたります。網膜にある視神経は脳まで続いていて、あなたの脳に情報を伝えてます。

 

つまり、それが物が見えるということ。

 

眼球は、強膜につつまれています。いわゆる水風船です。水風船は、中に水が入っていないとしぼみます。水風船の水のかわりに眼球の中には「房水(ぼうすい)」という水が入っています。

 

房水は眼に栄養を届け(分泌)、眼の内部にとどまり、老廃物などを排出しながら、眼球の丸さを維持します。

 

この房水の圧力が眼圧(がんあつ)です。眼球の丸さを維持する仕組みです。

 

正常なときの眼圧は、10〜20mmHg。

 

ところが何らかの理由で、房水の分泌と排出のバランスが崩れて、眼の中の房水の量が多くなると、眼圧が高くなります。

 

水風船の中に水を入れすぎて、パンパンの割れる寸前みたいな状態をイメージしてください。

 

眼圧が高くなると、眼の奥にある網膜の視神経乳頭(視神経)が押しつぶされて壊されます。壊れた視神経は元には戻りません。

 

視神経はたくさんあるので、すぐに眼が見えなくなることはありません。それでも眼圧が高い状態を放置すれば、少しずつ視神経は壊され、視野が欠けていきます。

 

徐々に視野が欠けて行き、視力も低下し、日常生活に支障がではじめ、ようやく眼の異常に気づくのです。

 

>>>正常眼圧緑内障とは

 


眼圧が下がらない。視野狭窄の進行が止まらない。失明はしたくない。予備軍だと医者から言われた、最近視界が暗くなった気がする、そんなあなたのお悩みを解決する改善率90%以上の改善エクササイズ