緑内障の予防法

緑内障の最新情報

 

ここで最新情報(ニュース)をお伝えします。

 

 

 

【緑内障と睡眠時無呼吸症候群の関係について】

 

北海道大学の教授が、睡眠時無呼吸症候群の人は緑内障を発症しやすいといわれています。

 

その原因として、無呼吸の発作で低酸素状態に陥ったことによる可能性が考えられる、と医学誌のオンライン版で報告しました。

 

無呼吸発作時は、血中の酸素が不足する低酸素状態に陥っています。眼圧の上昇がなくても、低酸素状態に陥ることで視神経が障害を受ける可能性はあるとのこと。

 

(2016/08/02 静岡新聞より)

 

 

 

>>>トップページにもどる

 


眼圧が下がらない。視野狭窄の進行が止まらない。失明はしたくない。予備軍だと医者から言われた、最近視界が暗くなった気がする、そんなあなたのお悩みを解決する改善率90%以上の改善エクササイズ