×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

緑内障の予防法

視力検査【視力の低下は目の異常が考えられる】

 

 

■視力検査で目の異常がわかる■

 

問診のつぎは、検査機器をつかった検査にうつります。

 

視力・屈折検査は、眼科でいちばん大切な検査です。視力の低下には、目に何か問題があることがおおいためです。

 

通常の視力検査は、遠くがどれくらい見えるかを調べる遠見視力検査(えんけんしりょくけんさ)を行います。

 

左右それぞれを裸眼視力と、レンズで矯正した矯正視力を測定します。

 

問題は矯正視力の数値が、矯正しても視力が1.0以下の場合。視力の低下は、何らかの異常が考えられます。

 

 

■屈折検査で近視、乱視の程度を調べる■

 

人は物をみると、目からはいった光が角膜と水晶体で屈折し、網膜に像を結びます。この機能がうまく働かない状態が屈折異常です。

 

オートレフラクトメーターという装置をつかって、目の屈折度を短時間に自動で調べます。近視、遠視、乱視をみわけるのです。

 

屈折検査は、白内障、加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)にも活用されます。

 

 

■コラム■ かかりつけ医をもとう

 

緑内障は早期発見、早期治療が重要です。年に一度の眼科での検診を受けましょう。

 

どんな基準で、かかりつけ医を探せばいいでしょう。目安は、学会認定の専門医であることです。

 

ただ単に眼科の医師ではなく、すぐれた専門医であることが重要なポイントです。

 

日本眼科学会には、日本眼科専門医制度があります。指定された病院で、5年以上研修し、試験に合格した医師だけを専門医として認定します。

 

5年ごとの更新が義務づけられ、認定後も講習や学会に出席し、研究成果を発表するなど努力を続けています。

 

認定医かどうかは、受付に認定証が掲示されているか、日本眼科学会のホームページで確認しましょう。

 

>>>眼圧検査は緑内障の早期発見に重要な検査

 


眼圧が下がらない。視野狭窄の進行が止まらない。失明はしたくない。予備軍だと医者から言われた、最近視界が暗くなった気がする、そんなあなたのお悩みを解決する改善率90%以上の改善エクササイズ