×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ココナッツオイルで緑内障の予防

ココナッツオイルで緑内障を予防する

 

【ココナッツオイルで緑内障の予防】

 

ココナッツオイルは、ココナッツの種からとれる油。フィリピンやタイ、インド、スリランカなどが産地で、ココナッツを「命の木」と呼び、食用・薬用として使っています。

 

ココナッツオイルには豊富に中鎖脂肪酸が含まれています。

 

中鎖脂肪酸の治癒効果には

 

・抗酸化作用
・免疫力の向上
・代謝の促進
・ホルモンバランスの調整
・腸内環境の改善
・強い抗菌作用
・甲状腺機能低下の改善
・血行促進
・ケトン体の合成

 

などがあります。

 

ココナッツオイルの抗酸化作用は、活性酸素の発生をおさえます。また中鎖脂肪酸から合成されるケトン体は、脳神経細胞と視神経を活発化させ、症状改善を導きます。

 

ココナッツオイルの継続接種で、予防効果が期待できるのです。

 

 

 

【ココナッツオイルの摂取方法】

 

 

大人であれば、大さじ1杯を1日3杯摂取します。

 

オイルをそのまま舐める、コーヒーにまぜる、カレーなどの料理にまぜても美味しいです。

 

 

 

【目の疲れなど眼精疲労の予防にもココナッツオイル】

 

 

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は体の循環機能を改善し、血液の流れを促進させます。

 

血の流れがよくなることで、緊張状態の目の疲れも軽減します。

 

>>ココナッツオイルはこちら楽天

 

 

 

【ココナッツウォーターの効果】

 

 

ココナッツウォーターとは、成熟する前の緑色のココナッツの果実内にあるサラサラした透明な水分を濃縮果汁還元せず、そのまま飲める機能性飲料です。

 

なお呼び方が違うだけで、ココナッツウォーターとココナッツジュースは同じものです。

 

成分は、カリウム、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルを含んでいます。カリウムはバナナの2倍も含まれています。コップ1杯のココナッツウォーターには、スポーツドリンクよりも電解質が含まれています。

 

体液に近い成分なので手早く水分を補給し、身体のバランスを整えます。運動後の水分補給に大変適しています。

 

生理食塩水が入手できない発展途上国では、ココナッツウォーターが静脈点滴に用いられることもあります。

 

たくさんのミネラルを含みながら、脂肪分・コレステロールはゼロ。糖分も少ないのが特長です。ただし、カロリーがゼロではないので体にいいからと水かわりにガブガブ飲むことはおススメしません。

 

ココナッツウォーターには、眼圧を低下させる効果のあることが証明されています。

 

急性緑内障の原因である、急激な眼圧上昇を抑えます。点眼するのではなく、飲むことで効果が約2時間半持続します。

 

通常はココナッツオイルを摂取しつつ、眼圧が急上昇したときはココナッツウォーターを飲むようにしましょう。

 

>>ココナッツウォーターはこちら楽天

 

 

 

>>緑内障の最新情報